石井 修   (1922-)

石井 修(いしい おさむ、1922年 - 2007年9月12日)は、奈良県出身の建築家。 「建物に外観はいらない」として、地形の形状を最大限生かし、緑と共生した建築を多くてがけた。 西宮市目神山の自宅「回帰草庵」が有名。 [略歴] 1922年 奈良県明日香村で誕生 1940年- 奈良県立吉野工業学校建築科を卒業し、大林組東京支店に勤務。 その後、早稲田高等工学校建築学科で学ぶ。 1956年 「美建・設計事務所」を開設 1987年 1986年度日本建築学会作品賞受賞(目神山の一連の住宅)、第12回吉田五十八賞受賞(目神山の家8) 1999-2002年 兵庫県立淡路景観園芸学校兼任教員 2002...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシイ オサム
人物別名 石井修
生年 1922年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
国際政治史としての二〇世紀 石井修 著 有信堂高文社
2000.4
緑の棲み家 石井修 著 学芸出版社
2000.9
入江の結晶 : 石井修と匠たちが紡いだ夢 石井修 監修・著 ; 下村純一 撮影 ; 石堂威 編 建築史料研究社
日本ビソー
1998.4
石井修 : 住空間と緑 建築思潮研究所編集 建築資料研究社
1988.5
家家 : Architects Kansai 石井修 ほか著 学芸出版社
1984.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想