養老 孟司   (1937-)

養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 - )は、日本の解剖学者。 東京大学名誉教授。 専門は解剖学。 神奈川県鎌倉市出身。 [経歴] 1937年(昭和12年)、神奈川県鎌倉市に小児科医・養老静江の次男として生まれる。 4歳の時に父親を結核で亡くし、その後は小児科「大塚医院」を営む母、静江の腕一つで育てられる。 栄光学園中学校・高等学校、東京大学医学部を卒業後、一年間のインターン(研修医)を経て1967年(昭和42年)に東京大学大学院基礎医学で解剖学を専攻し博士課程を修了、1967年(昭和42年)医学博士号を取得する。 題は「ウロコ形成におけるニワトリ胎児表皮の増...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨウロウ タケシ
人物別名 養老孟司

Yoro, Takeshi

Takeshi Yoro
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか? : 脳化社会の生き方 養老孟司著 扶桑社
2019.3
みらいをひらく小学理科 養老孟司 [ほか] 著 教育
[2019]
せいかつ 養老孟司 [ほか] 著 教育
[2019]
多田富雄コレクション 多田富雄 著 藤原書店
2018.1
バカのものさし 養老孟司 著 扶桑社
2018.2
半分生きて、半分死んでいる 養老孟司 著 PHP研究所
2018.3
澁澤龍彦の記憶 菅野昭正編 ; 巖谷國士 [ほか] 著 河出書房新社
2018.4
脳と心 - NHKエンタープライズ
2018.9
昆虫 養老孟司 監修 講談社
2017.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想