坂井 雄吉   (1931-)

坂井 雄吉(さかい ゆうきち、1931年11月24日 - 2009年12月15日)は、日本の政治学者。 専門は日本政治史。 [略歴・人物] 1931年、三重県生まれ。 東京大学法学部卒業後、大学院社会科学研究科に進学し、岡義武に師事。 同博士課程を満期退学後、東京大学法学部および同附属近代日本法政史料センターで助手、助教授を長らく務める。 1990年に大東文化大学法学部教授に就任、2002年に同退職。 東京大学法学部では、いわばアーキビストとして明治以降の政治家や法律家に関係する文書の収集・整理に携わり、近代日本の政治史・法制史の史料に精通した。 研究面では明治期の政治史を専門とし、井上毅、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカイ ユウキチ
人物別名 坂井雄吉
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有, 坂井雄吉 編 みすず書房
2007.7
言論は日本を動かす 内田健三 ほか編 講談社
1986.6
井上毅と明治国家 坂井雄吉 著 東京大学出版会
1983.9
明治国家の権力と思想 小西四郎, 遠山茂樹 編 吉川弘文館
1979.11
Fast wie mein eigen Vaterland : Briefe aus Japan 1886-1889 Albert und Lina Mosse ; herausgegeben von Shirō Ishii, Ernst Lokowandt, Yūkichi Sakai Iudicium
c1995
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想