金 賛汀   (1937-)

金賛汀(きんさんてい、キムチャンジャン、1937年― )は、在日二世のノンフィクション作家。 京都生まれ。 朝鮮大学校卒業。 統一評論社の編集次長等を経て、ノンフィクション作家。 韓国・朝鮮問題のほか、いじめ問題などで著作多数。 かつて朝鮮総連に身を置いていたが、金日成や北朝鮮への批判でも知られる。 [著書] 『証言朝鮮人強制連行』編著 新人物往来社 1975 『風の慟哭 在日朝鮮人女工の生活と歴史』方鮮姫共著 田畑書店 1977.2 『祖国を知らない世代 在日朝鮮人二・三世の現実』田畑書店 1977.7 『日「韓」ゆ着を剥ぐ』殷宗基共著 一光社 1977.5 『雨の慟哭 在日朝鮮人土工の生...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キム チャンジョン
人物別名 金賛汀
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 在日韓国・朝鮮人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
北朝鮮建国神話の崩壊 : 金日成と「特別狙撃旅団」 金賛汀 著 筑摩書房
2012.6
非常事態宣言1948 : 在日朝鮮人を襲った闇 金賛汀 著 岩波書店
2011.5
韓国併合百年と「在日」 金賛汀 著 新潮社
2010.5
将軍様の錬金術 : 朝銀破綻と総連ダークマネー 金賛汀 著 新潮社
2009.3
在日義勇兵帰還せず : 朝鮮戦争秘史 金賛汀 著 岩波書店
2007.1
拉致 : 国家犯罪の構図 金賛汀 著 筑摩書房
2005.6
在日、激動の百年 金賛汀 著 朝日新聞社
2004.4
朝鮮総連 金賛汀 著 新潮社
2004.5
炎は闇の彼方に : 伝説の舞姫・崔承喜 金賛汀 著 日本放送出版協会
2002.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想