古屋 健三   (1936-)

古屋 健三(ふるや けんぞう、1936年4月8日 - )は、日本のフランス文学者、文芸評論家、作家、慶應義塾大学名誉教授。 東京生まれ。 慶應義塾大学文学部仏文科卒。 フランス留学ののち慶大教授を長く勤め、そのかたわら文芸評論家として主として内向の世代の作家を論じた。 60歳になるまで著書を出さない方針だったが、それ以後は旺盛な執筆活動に入り、2002年からは小説も書いた。 「三田文学」編集長も務めた。 福田和也の師であり、福田は古屋から絶大な影響を受けたことを公言している。 [著書] 『「内向の世代」論』慶應義塾大学出版会 1998 『永井荷風冬との出会い』朝日新聞社 1999 『青春とい...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フルヤ ケンゾウ
人物別名 古屋健三
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
老愛小説 古屋健三 著 論創社
2017.12
青春という亡霊 : 近代文学の中の青年 古屋健三 著 日本放送出版協会
2001.10
19世紀フランス文学事典 古屋健三, 小潟昭夫 編 慶應義塾大学出版会
2000.4
永井荷風冬との出会い 古屋健三 著 朝日新聞社
1999.11
「内向の世代」論 古屋健三 著 慶應義塾大学出版会
1998.7
詩と聖性 ジョルジュ・バタイユ 著 ; 山本功, 古屋健三 訳 二見書房
1996.9
モーツァルトの音と言葉 海老沢敏 [ほか] 編 岩波書店
1991.11
世界文学全集 [スタンダール著] ; 大岡昇平, 古屋健三訳 講談社
1977.4
世界文学全集 [スタンダール著] ; 大岡昇平, 古屋健三訳 講談社
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想