古田 勝久   (1940-)

古田 勝久(ふるた かつひさ、1940年(昭和15年)1月3日p=1065p=778 - )は日本の制御工学、ロボット工学の研究者。 東京工業大学名誉教授、工学博士(東京工業大学)1967。 東京工業大学教授、東京電機大学教授、同学長を歴任。 制御理論の研究では多くの弟子を育て、システム同定や非線形制御、ロボット・メカトロニクスの制御で実績をあげた。 非線形制御の検証用として開発した回転テーブル式の倒立振子は、「Furuta Pendulum」として世界中に知られている 。 また、スーパーメカノシステム2000やHAM(Human Adaptive Mechatronics)、Safe Man...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フルタ カツヒサ
人物別名 古田勝久
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
メカトロニクス概論 古田勝久 編著 オーム社
2015.8
モデルベース開発のための複合物理領域モデリング : なぜ奇妙なモデルが出来てしまうのか? 大畠明 著 ; 古田勝久 監修 TechShare
2012.11
メカトロニクス概論 古田勝久 編著 オーム社
2007.2
Modelicaによる物理モデリング入門 Michael M.Tiller 著 ; 古田勝久 監訳 ; 杉木明彦, トヨタテクノサービス 訳 オーム社
2003.11
モデリングとフィードバック制御 : 動的システムの解析 古田勝久, 畠山省四朗, 野中謙一郎 編著 東京電機大学出版局
2001.5
基礎システム理論 古田勝久, 佐野昭共著 NetLibrary
20??
制御工学の歴史 Stuart Bennett 著 ; 古田勝久, 山北昌毅 監訳 コロナ社
1998.8
頭の使い方がわかる本 : 問題点をどう発見し、どう解決するか 問題解決のノウハウ J.ブランスフォード, B.スタイン 著 ; 古田勝久, 古田久美子 訳 HBJ出版局
1990.5
ディジタルコントロール 古田勝久 著 コロナ社
1989.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想