鴻 英良   (1948-)

鴻 英良(おおとり ひでなが、1948年 - )は、演劇批評家。 静岡県生まれ。 東京工業大学理工学部卒。 東京大学大学院修士課程ロシア文学専攻修了。 以後、フリーで演劇批評を続ける。 2012年日本映画大学教授就任が予定されていたが、同大学が政治的活動をしない旨の誓約書にサインさせようとしたため、拒否して就任しなかった。 [著書] 『二十世紀劇場 歴史としての芸術と世界』朝日新聞社、1998 [共著] 『反響マシーン リチャード・フォアマンの世界』巻上公一共編 勁草書房 2000 『野田秀樹赤鬼の挑戦』野田秀樹共著 青土社 2006 [翻訳] 死の演劇 タデウシュ・カントール 松本小四...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオトリ ヒデナガ
人物別名 鴻英良
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ナチス映画論 : ヒトラー・キッチュ・現代 渋谷哲也, 夏目深雪編 森話社
2019.12
歌舞伎と革命ロシア 永田靖, 上田洋子, 内田健介 編 森話社
2017.10
メイエルホリドとブレヒトの演劇 キャサリン・ブリス・イートン 著 ; 谷川道子, 伊藤愉 編訳 玉川大学出版部
2016.11
イリヤ・カバコフ自伝 : 60年代-70年代、非公式の芸術 イリヤ・カバコフ 著 ; 鴻英良 訳 みすず書房
2007.10
野田秀樹赤鬼の挑戦 野田秀樹, 鴻英良 著 青土社
2006.9
KGB(秘)調書ヒトラー最期の真実 V.K.ヴィノグラードフ, Ya.F.ポゴーニイ, N.V.チェプツォフ 編 ; 佐々洋子, 貝澤哉, 鴻英良 訳 ; 20世紀の人物シリーズ編集委員会 編 光文社
2001.9
反響マシーン : リチャード・フォアマンの世界 巻上公一, 鴻英良 編 勁草書房
2000.11
現代アメリカ演劇 : オルタナティヴ・シアターの探究 セオドア・シャンク 著 ; 鴻英良, 星野共, 大島由紀夫 訳 勁草書房
1998.1
二十世紀劇場 : 歴史としての芸術と世界 鴻英良 著 朝日新聞社
1998.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想