高 史明   (1932-)

高 史明(コ・サミョン、こう しめい、1932年1月11日 - )は、在日朝鮮人作家、評論家。 [概要] 山口県生まれ。 本名・金天三(キム・チョンサム)。 3歳にして母と死別し、石炭仲仕であった父に育てられる。 高等小学校中退後、職を転々としつつ政治活動などを行う。 1971年、初の著作を上梓、評論家となり、1975年、『生きることの意味』で日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞を受賞するが、同年、一人息子の岡真史が12歳で自殺、その遺稿詩集『ぼくは12歳』を妻の岡百合子との編纂で刊行し、話題となり、1979年にNHKでテレビドラマ化もされる。 その後、親鸞と『歎異抄』の教えに帰依し、著...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コ サミョン
人物別名 高史明
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ルポ思想としての朝鮮籍 中村一成 著 岩波書店
2017.1
いのちと責任 : 対談高史明・高橋哲哉 高史明, 高橋哲哉 著 ; 李孝徳 編 大月書店
2012.2
現代社会における浄土真宗 兵庫教区青年僧侶の会 編 ; 高史明, 金光寿郎, 栖雲深泥 著 自照社
2011.3
インタビュー私と親鸞聖人 青木新門 ほか述 本願寺出版社
2011.4
布施辰治と朝鮮 高史明, 大石進, 李ヒョン娘, 李圭洙 共著 総和社
高麗博物館
2011.6
『歎異抄』と現代 高史明 著 NHK
2011.10
復興の大義 農山漁村文化協会 編 農山漁村文化協会
2011.10
月愛三昧 : 親鸞に聞く 高史明 著 大月書店
2010.7
いのちは自分のものではない : 高史明の言葉 高史明 著 求竜堂
2010.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想