古林 尚   (1927-)

古林 尚(ふるばやし たかし 1927年11月20日 - 1998年12月30日)は日本の文芸評論家。 広島県府中町に生まれる。 旧制姫路高等学校理科卒業。 1950年、早稲田大学露文科入学。 1950年、早稲田大学10月闘争に立会い、1952年、10月闘争の記録『真実のあかしのために』を日高書店から刊行。 1953年、日本近代文学研究所の所員となる。 高校で国語教師を務め、また大学で近現代文学を教える傍ら、主としてマルクス主義の立場から日本の戦後文学を研究し、文芸評論を発表。 1970年11月18日、自決一週間前の三島由紀夫と対談。 三島にとっては最後の対談となった。 1971年、野間宏、武...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フルバヤシ タカシ
人物別名 古林尚
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三島由紀夫最後の言葉 三島由紀夫, 古林尚対談 新潮社
2002.6
三島由紀夫最後の言葉 三島由紀夫, 古林尚対談 新潮社
c1989
戦後の文学 : 現代文学史 古林尚, 佐藤勝 編 有斐閣
1978.5
こぐま星座 A.ムサトフ作 ; 古林尚訳 岩波書店
1975
戦後派作家は語る 聞き手: 古林尚 筑摩書房
1971
こぐま星座 アレクセイ・ムサトフ 作 ; 古林尚 訳 ; A.コンドラーチェワ 絵 岩波書店
昭和37
戦後作家研究 佐古純一郎, 三好行雄 編 誠信書房
1958
こぐま星座 : ストジャールィ ムサトフ 著 ; 古林尚 訳 ; 高松甚二郎 絵 岩波書店
昭和29
こぐま星座 : ストジャールィ ムサトフ 著 ; 古林尚 訳 ; 高松甚二郎 絵 岩波書店
昭和29
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想