古井 由吉   (1937-)

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - )は、日本の小説家、ドイツ文学者。 現代日本文学において、特定の作風や文壇的派閥にかかわらない特異な位置を占める。 一般にはいわゆる「内向の世代」の代表的作家とも言われている。 代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。 [来歴・人物] 東京府出身。 港区立白金小学校から同高松中学校を経て、1953年4月、獨協高校に入学。 隣のクラスに美濃部強次(古今亭志ん朝)がいた。 同年9月、都立日比谷高校に転校。 同級生に尾高修也や塩野七生、福田章二(庄司薫)がいた。 1956年3月、日比谷高校卒...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フルイ ヨシキチ
人物別名 古井由吉
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
連れ連れに文学を語る : 古井由吉対談集成 古井由吉ほか著 草思社
2022.2
私のエッセイズム : 古井由吉エッセイ撰 古井由吉著 ; 堀江敏幸監修 ; 築地正明編 河出書房新社
2021.1
こんな日もある : 競馬徒然草 : ツキにからかわれるのも、人生長い目で見れば悪いことではない。 古井由吉著 講談社
2021.2
東京物語考 古井由吉 [著] 講談社
2021.5
小説の惑星 伊坂幸太郎編 筑摩書房
2021.12
往復書簡 : 『遠くからの声』『言葉の兆し』 古井由吉, 佐伯一麦 [著] 講談社
2021.12
詩への小路 : ドゥイノの悲歌 古井由吉 [著] 講談社
2020.1
野川 古井由吉 [著] 講談社
2020.6
われもまた天に 古井由吉著 新潮社
2020.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想