小町谷 照彦   (1936-2014)

小町谷 照彦(こまちや てるひこ、1936年6月22日 -2014年10月31日 )は、国文学者、東京学芸大学名誉教授。 中古文学、特に和歌を専攻。 [来歴] 長野県駒ヶ根市生まれ。 東京大学大学院中退、成城大学短期大学助教授、東京学芸大学教授、2000年定年退官。 東京経済大学教授。 2014年10月31日、胃がんで死去。 妻・小町谷新子(1936-)は滝井孝作の娘で、『一生の春 父・滝井孝作』(蝸牛社 1990)などの著書がある。 [著書] 小倉百人一首 くわしい解説・設問付き 文英堂 1983(シグマベスト) 源氏物語の歌ことば表現 東京大学出版会 1984.8 藤原公任 余情美をう...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コマチヤ テルヒコ
人物別名 小町谷照彦
生年 1936年
没年 2014年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
伊勢集全注釈 秋山虔, 小町谷照彦, 倉田実 著 Kadokawa
2016.11
王朝文学文化歴史大事典 小町谷照彦, 倉田実 編著 笠間書院
2011.11
古今和歌集 小町谷照彦 訳注 筑摩書房
2010.3
あらすじで楽しむ源氏物語 小町谷照彦 著 新典社
2010.4
現代文2 小町谷照彦 [ほか] 著 東京書籍
2009.2
新編古典 小町谷昭彦 [ほか] 著 東京書籍
2008.2
古典漢文編 小町谷照彦 [ほか] 著 東京書籍
2008.2
古典古文編 小町谷照彦 [ほか] 著 東京書籍
2008.2
精選現代文 小町谷昭彦 [ほか] 著 東京書籍
2008.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想