加藤 幸子   (1936-)

加藤 幸子(かとう ゆきこ、1936年9月26日 - )は、日本の作家。 劇作家の加藤道夫の姪。 鉱床学者加藤武夫の孫。 農林技師の子として、父の勤務先であった北海道札幌市に生まれる。 5歳から11歳までを北京で過ごし、戦後日本に引き揚げた後は東京都世田谷区の祖父宅で育つ。 高校2年の時、同居していた叔父加藤道夫が自殺して大きな衝撃を受ける。 北海道大学農学部卒業後、農林省農業技術研究所・日本自然保護協会勤務を経て、1972~89年自然観察会代表。 1982年、「野餓鬼のいた村」で新潮新人賞受賞、続いて1982年下半期(1983年1月)、「夢の壁」で芥川賞受賞。 1991年、『尾崎翠の感覚世界...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ ユキコ
人物別名 加藤幸子

白木, 幸子
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
十三匹の犬 加藤幸子 著 新潮社
2016.3
尾崎翠の感覚世界 加藤幸子 著 萬書房
2015.8
加藤幸子自選作品集 加藤幸子 著 未知谷
2013.2
加藤幸子自選作品集 加藤幸子 著 未知谷
2013.4
加藤幸子自選作品集 加藤幸子 著 未知谷
2013.6
加藤幸子自選作品集 加藤幸子 著 未知谷
2013.8
ふるさと文学さんぽ北海道 野坂幸弘 監修 大和書房
2013.8
加藤幸子自選作品集 加藤幸子 著 未知谷
2013.10
くさはら 加藤幸子 ぶん ; 酒井駒子 え 福音館書店
2011.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想