福島 安正   (1852-1919)

長野松本生まれ。陸軍軍人。父は松本藩士。大学南校で学んだ後、明治7年(1874)陸軍省に出仕。情報収集に手腕を発揮し、朝鮮半島・満州などの調査を命じられた。特に、25年(1892)ベルリンからウラジオストクまで1年4ヶ月をかけて単騎で横断し、シベリア鉄道の建設状況を視察したことで知られる。日清戦争時は第1軍参謀。のち、参謀本部第3部長、第2部長、臨時派遣司令官(北清事変)、満州軍参謀・大本営参謀(日露戦争)、参謀本部次長等を歴任。40年(1907)男爵。大正3年(1914)大将昇進とともに後備役に編入。後備役編入後は、在郷軍人会の副会長もつとめた。

「近代日本人の肖像」より

福島 安正(ふくしま やすまさ、1852年10月27日(嘉永5年9月15日) - 1919年(大正8年)2月19日)は、日本の陸軍軍人。 最終階級は陸軍大将。 男爵。 萩野末吉に続く情報将校。 [経歴] 信濃国松本城下(現・長野県松本市)に松本藩士・福島安広の長男として生まれる。 1867年(慶応3年)江戸に出て、幕府の講武所で洋式兵学を学び、戊辰戦争に松本藩兵として参戦。 1869年(明治2年)藩主の上京に従い、開成学校へ進み外国語などを学ぶ。 1873年(明治6年)4月、明治政府に仕官し、司法省から文官として1874年(明治7年)9月に陸軍省へ移る。 1876年(明治9年)7月から10月...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクシマ ヤスマサ
人物別名 福島安正
生年 1852年
没年 1919年
職業・経歴等 陸軍軍人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福島将軍遺績 : 伝記・福島安正 太田阿山 編 大空社
1997.2
中央亜細亜より亜拉比亜へ : 福島将軍遺績続 : 伝記・福島安正 太田阿山 編 大空社
1997.2
シルクロード紀行 金子民雄 訳 雄松堂
1990.3
わがエヴェレスト ; 翼よ,あれがパリの灯だ ; フラム号漂流記 ; 単騎遠征 E.ヒラリー[著] ; 松方三郎[ほか]訳 ; C.リンドバーグ[著] ; 佐藤亮一訳 ; F.ナンセン[著] ; 加納一郎訳 ; 福島安正[著] 筑摩書房
1960.6
中央亜細亜より亜拉比亜へ 福島安正 著 ; 太田阿山 編 東亜協会
昭和18
亜細亜横断記 南満洲鉄道株式会社総裁室弘報課 編 満洲日日新聞社東京支社出版部
1942
福島将軍遺績 福島安正 著 ; 太田阿山 編 東亜協会
1941
福島将軍遺績 福島安正 著 ; 太田阿山 編 東亜協会
昭和16
福島将軍遺績 福島安正著 ; 太田阿山編 東亜協会
1941.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想