大西 祝   (1864-1899)

大西 祝(おおにし はじめ、元治元年9月7日(1864年10月7日) - 明治33年(1900年)11月2日)は、岡山市出身の哲学者。 操山と号す。 「日本哲学の父」「日本のカント」との評価も受ける。 [生涯] 1877(明治10)年、同志社英学校普通科に入学。 翌年新島襄より受洗。 同志社在学中は山崎為徳の薫陶を受け、彼の思想形成に大きな影響を与えた。 1881(明治14)年山崎が夭逝した時、大西は呆然自失に陥ったといわれる。 1884(明治17)年、同志社英学校神学科を卒業。 東京大学予備門に編入学する。 1889(明治22)年帝国大学文科大学哲学科を首席卒業(同級に大瀬甚太郎、渡辺董之...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオニシ ハジメ
人物別名 大西祝
生年 1864年
没年 1899年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大西祝選集 大西祝 [著] ; 小坂国継 編 岩波書店
2014.2
大西祝選集 大西祝 [著] ; 小坂国継 編 岩波書店
2014.5
大西祝選集 大西祝 著 ; 小坂国継 編 岩波書店
2013.11
明治藝術・文學論集 土方定一編 筑摩書房
2013.1.25
大西祝全集 大西祝 著 日本図書センター
2001.10
大西祝全集 大西祝 著 日本図書センター
2001.10
大西祝全集 大西祝 著 日本図書センター
2001.10
大西祝全集 大西祝 著 日本図書センター
2001.10
大西祝全集 大西祝 著 日本図書センター
2001.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想