名和 小太郎   (1931-)

名和 小太郎(なわ こたろう、1931年(昭和6年)1月26日 )は、日本の情報工学者。 [経歴] 東京府東京市(現東京都台東区)生まれ。 1956年東京大学理学部物理学科卒業。 1964年「爆発震動、爆発音の制御」で東大工学博士。 石油資源開発で地震探査法を開発、1960年旭化成工業に入り、ロケット燃料の生産管理および情報システムの開発、1977年旭リサーチセンター参事、主任研究員、取締役(技術政策の調査)、1991年新潟大学法学部教授、1996年関西大学総合情報学部教授、2001年定年退任。 2002-07年国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員教授。 2003-05年江戸...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナワ コタロウ
人物別名 名和小太郎
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
情報の法社会学 名和小太郎著 ; 鈴木正朝聞き手 翔泳社
2019.7
学術情報と知的所有権 : オーサシップの市場化と電子化 名和小太郎著 EBSCO
2016.11
デジタル時代の知識創造 長尾真 監修 Kadokawa
2015.1
技術システムの神話と現実 吉岡斉, 名和小太郎 [著] みすず書房
2015.5
「新通史」日本の科学技術 吉岡斉 編 原書房
2012.2
「新通史」日本の科学技術 吉岡斉 編 原書房
2012.3
「新通史」日本の科学技術 吉岡斉 編集代表 原書房
2011.9
「新通史」日本の科学技術 吉岡斉 編 原書房
2011.10
「新通史」日本の科学技術 吉岡斉 編 原書房
2011.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想