復本 一郎   (1943-)

復本 一郎(ふくもと いちろう、1943年9月5日 - )は、日本の国文学者、俳人。 神奈川大学名誉教授。 専門は近世・近代の俳文学。 俳人としての号は鬼ヶ城。 愛媛県宇和島市生まれ。 神奈川県で育ち、神奈川県立横浜翠嵐高等学校を卒業。 1966年、早稲田大学第一文学部国文科卒業。 1972年、同大学院博士課程単位取得満期退学、福岡教育大学助手。 1973年、講師、1974年、助教授。 同年、『芭蕉における「さび」の構造』で窪田空穂賞(早稲田大学国文学会)受賞。 1977年、静岡女子大学文学部助教授。 1979年10月、静岡大学人文学部助教授、1988年、教授。 同年「本質論としての近世俳論の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクモト イチロウ
人物別名 復本一郎

鬼ケ城
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
子規紀行文集 [正岡子規著] ; 復本一郎編 岩波書店
2019.12
- 復本, 一郎
2019.2-
正岡子規人生のことば 復本一郎 著 岩波書店
2017.4
芭蕉の言葉 復本一郎 [著] 講談社
2016.3
子規庵・千客万来 復本一郎 著 コールサック社
2016.6
三省堂名歌名句辞典 佐佐木幸綱, 復本一郎 編 三省堂
2015.8
歌よみ人正岡子規 復本一郎 著 岩波書店
2014.2
江戸俳句百の笑い 復本一郎 著 コールサック社
2014.7
俳句と川柳 復本一郎 [著] 講談社
2014.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想