高橋 源一郎   (1951-)

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。 明治学院大学教授。 出身は広島県尾道市。 日本テレビ放送番組審議会委員。 古今東西の名作からマンガ・テレビといったマスカルチャーまでを引用し、パロディやパスティーシュを駆使するシニカルな手法と相反する抒情的な作風により、日本を代表するアヴァン・ポップ文学の担い手として注目される。 競馬評論家としても活動している。 4度の離婚歴と5度の結婚歴がある。 1人目の妻との間にもうけた長女はフリーライターの橋本麻里。 2人目の妻との間に長男がいる。 3人目の妻である谷川直子、4人目の妻である室井佑月は...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ ゲンイチロウ
人物別名 高橋源一郎
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
間違いだらけの文章教室 高橋源一郎著 朝日新聞
2019.4
石牟礼道子と芸能 石牟礼道子ほか [著] ; 藤原書店編集部編 藤原書店
2019.5
支配の構造 : 国家とメディア-世論はいかに操られるか 堤未果 [ほか] 著 SBクリエイティブ
2019.7
作家と楽しむ古典 堀江 敏幸;中島 京子;酒井 順子;高橋 源一郎;内田 樹【著】 河出書房新社
2018.1
明治、bungakuクリエイターズ : 明治150年特別展 : 高橋源一郎『日本文学盛衰史』より 鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体編 鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
鎌倉文学館
2018.4
恋する原発 高橋源一郎 著 河出書房新社
2017.3
銀河鉄道の彼方に 高橋源一郎 著 集英社
2017.8
現代作家アーカイヴ 高橋源一郎, 古井由吉, 瀬戸内寂聴 著 ; 平野啓一郎, 飯田橋文学会 編 東京大学出版会
2017.10
明治維新150年を考える 一色清, 姜尚中, 赤坂憲雄, 石川健治, 井手英策, 澤地久枝, 高橋源一郎, 行定勲 著 集英社
2017.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想