中津 文彦   (1941-2012)

中津 文彦(なかつ ふみひこ、1941年12月23日 - 2012年4月24日)は、日本の作家。 [人物] 岩手県一関市出身。 本名:廣嶼 文彦。 岩手県立一関第一高等学校、学習院大学政経学部卒業。 ペンネームの由来は家の傍に中津川が流れていたことから。 岩手日報社で報道記者として務めていた1982年、『黄金の砂(出版時は『黄金流砂』に改題)』で第28回江戸川乱歩賞受賞。 その後退社して作家活動に専念。 1985年には『七人の共犯者』で第12回角川小説賞を受賞。 2012年4月24日、肝不全により逝去。 24。 [作品リスト] 黄金流砂 講談社、1982 のち文庫 喪失荒野 講談社ノベル...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカツ フミヒコ
人物別名 中津文彦
生年 1941年
没年 2012年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
天明の密偵 : 小説・菅江真澄 中津文彦 著 PHP研究所
2013.5
義経不死伝説 中津文彦 著 PHP研究所
2012.12
びわこ由美浜殺人事件 : さすらい署長・風間昭平 : 長編推理小説 中津文彦 著 光文社
2012.2
風の浄土 中津文彦 著 光文社
2011.7
枕絵の陥し穴 : 塙保己一推理帖 : 連作時代小説 中津文彦 著 光文社
2010.1
ねむろ風蓮湖殺人事件 : さすらい署長・風間昭平 : 長編推理小説 中津文彦 著 光文社
2010.5
つるべ心中の怪 : 塙保己一推理帖 : 連作時代小説 中津文彦 著 光文社
2010.10
させぼ西海橋殺人事件 : さすらい署長・風間昭平 : 長編推理小説 中津文彦 著 光文社
2009.5
亥ノ子の誘拐(かどわかし) : 塙保己一推理帖 : 連作時代小説 中津文彦 著 光文社
2009.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想