中川 剛   (1934-1995)

中川 剛(なかがわ ごう、1934年 - 1995年)は日本の憲法学者、行政法学者、行政学者、小説家。 [人物] 1934年に大連に生まれる。 1957年に京都大学法学部を卒業。 広島大学法学部教授などに就任。 行政法学者の中川丈久は息子。 表現の自由は、他の諸権利・自由に優越する価値を有さないとする説を唱えた(「表現の自由の経済的価値(上)(下)」『書斎の窓』1985年11月号・12月号)。 これに反対する代表的な論者として奥平康弘がいる(「なぜ「表現の自由」か」東京大学出版会1988)。 中川 裕朗(なかがわ ゆうろう)名義で小説を執筆した。 1962年、「一九三三年二月二十日の死」で第...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカガワ ゴウ
人物別名 中川剛
生年 1934年
没年 1995年
をも見よ 中川, 裕朗(1934-1995)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文学のなかの法感覚 中川剛 著 信山社
1997.4
憲法評論 : 民族神話を超えて 中川剛 著 信山社
1996.11
ガリバーの贈り物 中川剛 著 読売新聞社
1994.11
女性の行政参加 中川剛著 広島県女性会議
1993.7
現代憲法大系 手島 孝;中川 剛【著】 法律文化社
1992.1
基本的人権の考え方 中川剛 著 有斐閣
1991.8
地方自治制度史 中川剛 著 学陽書房
1990.11
日本人の法感覚 中川剛 著 講談社
1989.5
日本国憲法への質問状 中川剛 著 PHP研究所
1986.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想