松山 利夫   (1944-)

松山 利夫(まつやま としお、1944年 - )は、日本の文化人類学者。 国立民族学博物館名誉教授。 専攻はオーストラリア先住民研究。 [来歴・人物] 福井県出身。 立命館大学文学部地理学科卒業後、同大学院文学研究科地理学専攻修士課程修了および博士課程所定単位取得退学。 平安学園高等学校教諭を経て、国立民族学博物館助手、助教授、同博物館先端民族学研究部教授、同博物館民族社会研究部教授・部長を歴任。 2010年4月に同名誉教授。 [主な著作] 『木の実 ものと人間の文化誌』(法政大学出版局、1982年) 『山村の文化地理学的研究―日本における山村文化の生態と地域の構造―』(古今書院、1986...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツヤマ トシオ
人物別名 松山利夫
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 文化人類学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
精霊たちのメッセージ : 現代アボリジニの神話世界 松山利夫著 角川グループパブリッシング
角川学芸
2009.10
ブラックフェラウェイ : オーストラリア先住民アボリジナルの選択 松山利夫 著 御茶の水書房
2006.7
アボリジニ美術 ハワード・モーフィ 著 ; 松山利夫 訳 岩波書店
2003.10
オーストラリア・アボリジニの美術 : <ドリームタイム>へのいざない 松山利夫 監修 ; 読売新聞社文化事業部 編 読売新聞社
c2001
先住民と都市 : 人類学の新しい地平 青柳清孝, 松山利夫 編 青木書店
1999.8
現代の諸都市における先住民社会の文化人類学的研究 研究代表者, 松山利夫 私製
-
全集日本の食文化 芳賀登, 石川寛子 監修 雄山閣
1997.4
火をめぐる民族学 : 火の習俗にまつわる調査と報告 端信行[ほか]著 島根県八雲村
1997.3
精霊たちのメッセージ : 現代アボリジニの神話世界 松山利夫 著 角川書店
1996.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想