福田 定良   (1917-2002)

福田 定良(ふくだ さだよし、1917年(大正6年)4月6日-2002年(平成14年)12月11日)は日本の哲学者。 元法政大学教授。 本名は瀬川行有。 [略歴・人物] 1917年(大正6年)4月6日に東京で生まれる。 1940年(昭和15年)に法政大学法文学部を卒業する。 1946年(昭和21年)に法政大学教授に就任する。 戦時中は徴用労働者として南方戦線に投入され、その体験記『めもらびりあ―戦争と哲学と私』を1948年(昭和23年)に発表する。 1970年(昭和45年)に学園闘争で法政大学を辞職する。 その後、だれもができる哲学を主張し、生活者の感覚に根ざした哲学を追求した。 2002年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクダ サダヨシ
人物別名 福田定良

瀬川, 行有
生年 1917年
没年 2002年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
仕事の哲学 福田定良 著 中央公論新社
2010.2
新選組の哲学 福田定良 著 中央公論新社
2006.9
堅気の哲学 : 福田定良遺稿集 福田定良 著 藍書房
2005.1
文化とは何だろうか 鶴見俊輔 著 晶文社
1996.5
ひとりよがりの哲学 : 福田定良における犯罪者意識の考察 福田定良 著 西田書店
1992.3
現代かたぎ考 福田定良 著 法政大学出版局
1990.5
新選組の哲学 福田定良 著 中央公論社
1986.8
話しあいとしての仏教 福田定良 著 法政大学出版局
1985.7
広告の哲学 福田定良 著 マドラ
1985.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想