北条 民雄   (1914-1937)

大正3(1914)年生まれ。20歳のときハンセン病を発病。昭和9(1934)年、療養所に入院し、この頃から創作に専念する。同年、川端康成に師事。昭和11年、「いのちの初夜」を「文学界」に発表し「文学界賞」を受け多くの作品を発表するが、翌年(1937年)、腸結核で24歳の生涯を閉じた。代表作に「いのちの初夜」「癩院受胎」。(大野晋)Wikipedia「北条民雄

「青空文庫」より

北条 民雄(ほうじょう たみお、正しい表記は「北條民雄」、1914年9月22日 - 1937年12月5日)は小説家。 ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した。 本名:七條晃司(しちじょう こうじ)。 [経歴・人物] 日本統治時代の朝鮮の首都京城(けいじょう、現・ソウル)に生まれ、徳島県阿南市下大野町に育つ。 1933年に発病。 翌1934年、東京府北多摩郡東村山村の全生園に収容される。 早くから文学に関心を持ったが、入院後本格的に創作を開始した。 『間木老人』により川端康成に注目され、彼を師と仰いだ。 1936年、『いのちの初夜』によ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホウジョウ タミオ
人物別名 北条民雄

北條, 民雄
生年 1914年
没年 1937年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
かわいいポール 北條民雄 文 ; おぼまこと 絵 国立ハンセン病資料館
2016.3
すみれ 北條民雄 文 ; 山﨑克己 絵 ; トムズボックス 編 国立ハンセン病資料館
2015.3
北條民雄小説随筆書簡集 北條民雄 [著] 講談社
2015.10
癩院記録 : 北條民雄が書いた絶対隔離下の療養所 : 国立ハンセン病資料館2012年度秋季企画展 北條民雄 著 ; 国立ハンセン病資料館 編 国立ハンセン病資料館
2012.10
梶井基次郎, 中谷孝雄, 北條民雄 著 ポプラ社
2011.3
いのちの初夜 北條民雄 著 勉誠
2010.2
いのちの初夜 北条民雄 著 ; 名古屋盲人情報文化センター 編 名古屋盲人情報文化センター
2005.6
定本北条民雄全集 川端康成, 川端香男里 編纂 東京創元社
1996.9
定本北条民雄全集 川端康成, 川端香男里 編纂 東京創元社
1996.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想