宮元 啓一   (1948-)

宮元 啓一(みやもと けいいち、1948年1月 - )は、インド哲学研究者、國學院大学教授。 [略歴] 東京都生まれ。 1970年東京大学文学部印度哲学科卒、1972年同大学院修士課程修了、1975年東方研究会研究員、1986年國學院大學講師、1988年助教授、1995年教授(文学部哲学科)。 1997年「初期ヴァイシェーシカ学派の形而上学と認識論」で東大文学博士。 一時期、仏教書籍などの担当編集者として、春秋社に勤務していた。 一般向けの仏教・インド哲学の著書が多数ある。 仏教思想の解説書を多数執筆しているが、個人的信条としては仏教徒ではなく、「出世間への強いあこがれをもつアニミスト」とし...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤモト ケイイチ
人物別名 宮元啓一

Miyamoto, Keiichi

Keiichi Miyamoto
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
わかる仏教史 宮元啓一 [著] Kadokawa
2017.4
ブッダが考えたこと 宮元啓一 [著] Kadokawa
2015.10
仏教誕生 宮元啓一 著 講談社
2012.3
インド最古の二大哲人 宮元啓一 著 春秋社
2011.3
ヴァイシェーシカ・スートラ カナーダ 編 ; チャンドラーナンダ 註 ; 宮元啓一 訳註 臨川書店
2009.7
ブッダのことば 宮元啓一 著 春秋社
2009.10
インド人の考えたこと : インド哲学思想史講義 宮元啓一 著 春秋社
2008.2
インドの「一元論哲学」を読む : シャンカラ『ウパデーシャサーハスリー』散文篇 シャンカラ 原著 ; 宮元啓一 著 春秋社
2008.3
インドの「二元論哲学」を読む イーシュヴァラクリシュナ [原著] ; 宮元啓一 著 春秋社
2008.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想