朱 舜水   (1600-1682)

朱 舜水(しゅ しゅんすい、万暦28年10月12日(1600年11月17日) - 天和2年4月17日(1682年5月24日))は、明の儒学者である。 江戸時代初期に来日。 舜水は号。 諱は之瑜、字は楚嶼・魯璵。 [略歴] 浙江省餘姚に生まれる。 中国では李自成の乱により崇禎17年(1644年)に明朝が滅亡し、李自成は満州民族に駆逐され新王朝である清朝が成立する。 舜水は仕官はしていなかったものの鄭親子など明朝遺臣が華南を中心に明朝再興のため活動を開始すると運動に参加し、軍資金を得るため日本やヴェトナムへも渡り貿易などを行い、南明政権の魯王や、台湾に拠った鄭成功を支援し、永暦13年(1659年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シュ シュンスイ
人物別名 朱舜水

Zhu, Shun Shui

朱, 之瑜

Chu, Thuấn Thủy

zhu, zhi yu
生年 1600年
没年 1682年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世の文人たち : 自筆資料にみるその人となり 天理図書館編 天理ギャラリー
2012.5
安積澹泊集 高須芳次郎編 水戸学大系刊行会
1940.12
舜水先生文集 28巻附録1巻 舜水[著] ; 源光國輯 ; 綱條校 柳枝軒茨城方道
正徳5 [1715]
舜水先生文集 28巻目録1巻付録1巻 舜水 [著] ; 源光國輯 柳枝軒茨城方道
正徳5 [1715]
朱氏談綺 3巻 安積覺 [輯] 小川多左衛門
正徳3 [1713] [印]
朱氏談綺 3巻 安積覺 [輯] 茨城多左衛門
正徳3 [1713] [印]
朱氏談綺 3巻 (明)朱舜水[撰] ; (日本)安積覚 [輯] 柳枝軒方道
正徳3[1713][印]
朱氏談綺 3卷 (明)朱舜水 [撰] ; (日本)安積覺 [輯] 多左衛門
正徳3 [1713] [印]
舜水朱氏談綺 安積覺 [著] 茨城多左衛門
正徳3 [1713]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
改定釋奠儀注 朱 舜水
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想