細野 武男   (1912-1994)

細野 武男(ほその たけお、1912年6月28日 - 1994年9月19日)は、岐阜県揖斐郡揖斐町(現・揖斐川町)出身の法学者。 専門は法社会学。 学校法人立命館総長・立命館大学長、京都橘女子大学学長など歴任。 [来歴] 旧制松本高在学中から農民運動・教育運動に参加。 治安維持法違反での検挙歴(1933年)がある。 1934年、東京帝国大学文学部社会学科に入学し、理論社会学を専攻。 卒業論文テーマは「ジンメルの貨幣哲学」であった。 大学卒業後、東洋経済新報社に入社するが石橋湛山と衝突し退社。 その後、財団法人日本貿易振興協会日本貿易研究所に入所し米国経済史の研究に注力。 しかし同研究所もまも...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホソノ タケオ
人物別名 細野武男
生年 1912年
没年 1994年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
蜷川虎三の生涯 蜷川虎三伝記編纂委員会 編 ; 吉村康 著 三省堂
1982.2
講座現代の社会学 細野武男 [等]編 法律文化社
1975
戦争と平和 井上晴丸, 細野武男責任編集 雄渾社
1975
道はただ一つこの道を 蜷川虎三 著 ; 細野武男 編 民衆社
1974
戦争と平和 責任編集: 井上晴丸, 細野武男 雄渾社
1973
権力と人間 ハーバート・ロジンスキー 著 ; 高橋良三 訳 雄渾社
1970
講座現代の社会学 細野武男 等編 法律文化社
1970
講座現代の社会学 細野武男 等編 法律文化社
1970
講座現代の社会学 細野武男 等編 法律文化社
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想