鈴木 寿雄   (1904-1975)

鈴木 寿雄(すずき としお、1904年1月19日-1975年9月15日)は、昭和の童画画家。 東京浅草生まれ。 小学校卒業後に丁稚奉公に出たが、川上四郎に影響を受け、赤本児童絵本に挿絵を描き始める。 1940年 東京日本橋三越、大阪大丸で個展開催 1944年 群馬県に疎開、館林高女の講師を務める。 1953年 第2回小学館児童文化賞受賞 おもな絵本に「げんこつやまのあかおに」「ごんぎつね」「ふるやのもり」「しおふきうす」「はいくのえほん」等、昔ばなしの挿絵が多数。 兄にベルリンオリンピック銅メダリストの鈴木朱雀、娘に絵本作家の鈴木未央子がいる。 没後、殆どすべての作品は、家族の意志により足立美...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スズキ トシオ
人物別名 鈴木寿雄

すずき, としお

鈴木, 壽雄

鈴木, としを
生年 1904年
没年 1975年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
あかいろうそく 新美南吉 作 ; 鈴木寿雄 絵 フレーベル館
2013.5
おむすびころりん 高橋五山 脚本 ; 鈴木寿雄 画 童心社
1997.9
はいくのえほん 鈴木寿雄 画 ; 福田陸太郎 訳 リンリン
1993.9
まるぱんころころ 川崎大治 作 ; 鈴木寿雄 画 ; 青木きみ 展開指導 童心社
1987.1
世界の童話 : イソップ・グリム・アンデルセン オールカラー版 - 国際情報社
1981.5
三びきのこぶた 川崎大治脚本 ; 鈴木寿雄画 童心社
1980.6
げんこつやまのあかおに 川崎大治 作 ; 鈴木寿雄 絵 フレーベル館
1978.2
いたずらおばけ 堀尾青史著 ; 鈴木寿雄画 童心社
1988
おはようタオルちゃん はじめての本刊行会 編 ; 鈴木寿雄 画 あい書房
童心社
1975
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想