村瀬 学   (1949-)

村瀬 学(むらせ まなぶ、1949年 - )は、日本の児童文化研究者、同志社女子大学教授。 [来歴] 同志社香里高等学校を経て1973年同志社大学文学部(哲学)卒。 高校時代からセーレン・キェルケゴールを読み、大学の卒論でもキェルケゴールを論じた。 大阪府交野市の心身障害児通所施設職員を経て、同志社女子大学教授。 [著書] 初期心的現象の世界 理解のおくれの本質を考える 大和書房 1981 のち大和選書 理解のおくれの本質 子ども論と宇宙論の間で 大和書房 1983 のち大和選書 子ども体験 大和書房 1984 小さくなあれ 大和書房 1985 新しいキルケゴール 多者あるいは複数自己の理...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラセ マナブ
人物別名 村瀬学
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
いじめ : 10歳からの「法の人」への旅立ち 村瀬学著 ミネルヴァ書房
2019.4
『君たちはどう生きるか』に異論あり! : 「人間分子観」について議論しましょう 村瀬学著 言視舎
2018.4
鶴見俊輔 村瀬学 著 言視舎
2016.5
もういちど自閉症の世界に出会う エンパワメント・プランニング協会 監修 ; 浜田寿美男, 村瀬学, 高岡健 編著 ミネルヴァ書房
2016.7
宮崎駿再考 村瀬学 著 平凡社
2015.7
新島八重×同志社女子大学コラム集 天野太郎 [ほか] 執筆 同志社女子大学
2014.6
古事記の根源へ 村瀬学 著 言視舎
2014.9
徹底検証古事記 : すり替えの物語を読み解く 村瀬学 著 言視舎
2013.10
次の時代のための吉本隆明の読み方 村瀬学 著 ; 佐藤幹夫 聞き手 言視舎
2012.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想