保阪 正康   (1939-)

保阪 正康(ほさか まさやす、1939年12月14日 - )は、日本のノンフィクション作家・評論家・日本近現代史研究者。 [経歴] 北海道札幌郡白石村厚別(現札幌市厚別区)に、教員の父のもとに生まれる。 札幌市立柏中学校、北海道札幌東高等学校を卒業。 阿部典英は中学高校の同級生、西部邁は小中学校の1年先輩に当たる。 同志社大学文学部社会学科卒業。 在学中は演劇研究会で特攻隊員を描いた創作劇を執筆。 卒業後、電通PRセンターへ入社。 その後、物書きを志して転職した朝日ソノラマで編集者生活を送る。 1970年に三島由紀夫事件をきっかけに死のう団事件を2年間取材。 途中で5年勤務した朝日ソノラマを...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホサカ マサヤス
人物別名 保阪正康

有本, 邦夫
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本人の宿題 : 歴史探偵、平和を謳う 半藤一利著 ; 保阪正康解説 NHK
2022.1
時代の反逆者たち 保阪正康著 筑摩書房
2022.4
関口宏・保阪正康のもう一度!近現代史 帝国日本の過ち 関口宏, 保阪正康著 講談社
2022.4
歴史の予兆を読む 池上彰, 保阪正康著 朝日新聞
2022.6
文藝春秋が見た戦争と日本人 保阪正康, 辻田真佐憲編 文芸春秋
2022.8
「裏切りの近現代史」で読み解く歴史が暗転するとき 保阪正康著 日刊現代
講談社
2022.8
甦る、抵抗の季節 : 安保闘争六〇周年・記念講演会記録 記念講演実行委員会編著 言視舎
2021.1
陰謀の日本近現代史 保阪正康著 朝日新聞
2021.1
石橋湛山の65日 保阪正康著 東洋経済新報社
2021.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想