川口 マーン・惠美   (1956)

川口マーン惠美(かわぐちマーンえみ、1956年 - )は、日本の作家、拓殖大学日本文化研究所客員教授。 ドイツのシュトゥットガルト在住。 [経歴・人物] 大阪府生まれ。 日本大学芸術学部音楽学科ピアノ科卒業。 シュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科卒。 2011年、拓殖大学日本文化研究所客員教授。 [エネルギー政策関連] 福島第一原子力発電所事故以降の日本での脱原発運動を巡るエネルギー政策論争を受けて、ドイツでの脱原発政策の事情の調査を始め、「自然エネルギーでは、エネルギーができ過ぎたりでき無さ過ぎたりで不安定である」、「火力発電によってフランスの10倍のCO2を排出している」、「ド...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワグチ マーン・エミ
人物別名 川口マーン・惠美

川口 マーン惠美

Kawaguchi Mahn, Emi

Kawaguti, Emi

Mahn, Emi

川口, マーン・恵美
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界「新」経済戦争 : なぜ自動車の覇権争いを知れば未来がわかるのか 川口マーン惠美著 Kadokawa
2020.7
移民難民 : ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 : 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために 川口マーン惠美著 グッドブックス
2019.11
そしてドイツは理想を見失った 川口マーン 惠美【著】 Kadokawa
カドカワ
2018.3.10
復興の日本人論 川口マーン惠美 著 グッドブックス
2017.12
ヨーロッパから民主主義が消える 川口マーン惠美 著 PHP研究所
2016.1
日・米・独-10年後に生き残っている国はどこだ 髙山正之, 川口マーン惠美 著 ベストセラーズ
2016.10
世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン 川口マーン惠美 [著] 講談社
2016.11
ドイツの脱原発がよくわかる本 川口マーン惠美 著 草思社
2015.4
日本とドイツ 歴史の罪と罰 川口マーン惠美 著 徳間書店
2015.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想