畑中 正一   (1933-)

畑中 正一(はたなか まさかず、1933年 - )は、日本の医学者、医師。 専門はウイルス学(ヒトがんウイルス分野)。 京都大学名誉教授。 [人物] 大阪府出身。 1958年京都大学医学部卒業。 63年同大学院医学系修了、64年京都大学医学博士。 「The action of D-tryptophan on E. coli 」千葉大学医学部助教授、京都大学医学部教授、京都大学ウイルス研究所所長、97年定年退官、名誉教授、塩野義製薬医科学研究所所長、同医薬研究開発本部長、塩野義製薬代表取締役副社長。 日本ウイルス学会名誉会員 [著書] 『ウイルスとガン』1981 岩波新書 『がんはどこまでわ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハタナカ マサカズ
人物別名 畑中正一
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
iPS細胞ができた! : ひろがる人類の夢 山中伸弥, 畑中正一 著 集英社
2013.5
がんと闘う温熱療法と免疫 菅原努, 畑中正一 著 東方出版
毎日健康サロン
2009.1
iPS細胞ができた! : ひろがる人類の夢 山中伸弥, 畑中正一 著 集英社
2008.5
殺人ウイルスの謎に迫る! : 新型インフルエンザはどうして危険なのか?致死率80%以上の凶悪ウイルスとはなにか? 畑中正一 著 ソフトバンククリエイティブ
2008.12
電子顕微鏡ウイルス学 畑中正一 編 朝倉書店
2003.6
キラーウイルスの逆襲 : SARSとの闘い、そして共存へ 畑中正一 著 ; 日経メディカル 編 日経BP出版センター
日経BP社
2003.11
がん・免疫と温熱療法 菅原努, 畑中正一 著 岩波書店
2003.10
物質の探究と生命のいとなみ 日本化学会 監修 ; 内本喜一朗 編 ; 西島安則, 畑中正一 共著 丸善
1999.3
エイズ : 発見から治療最前線まで 畑中正一 著 共立
1999.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想