長谷 正当   (1937-)

長谷正當(はせ しょうとう、1937年― )は、哲学・宗教学者、京都大学名誉教授。 富山県生まれ。 1965年京都大学大学院文学研究科宗教学専攻博士課程満期退学。 76年京都大学文学部助教授。 88年「象徴と想像力」で京大文学博士。 89年教授。 99年定年退官、名誉教授、大谷大学教授、客員教授。 2009年退職。 はじめベルクソンを研究し、のち浄土教研究へ展開した。 ヨーロッパ思想ではフランス近現代の研究を中心とし、著書『象徴と想像力』(1987年)は、独自のポール・リクール研究を纏めた一冊である。 この著は、単なるリクール解釈を超えて、「自由」と「悪の問題」といった著者の実存的問題を展開し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハセ ショウトウ
人物別名 長谷正当

長谷, 正當
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
往生とは何か : 曽我の往生論 長谷正當講述 ; 大谷大学鸞音忌実行委員会編 大谷大学鸞音忌実行委員会
2017.12
本願とは何か 長谷正當 著 法蔵館
2015.6
浄土とは何か : 親鸞の思索と土における超越 長谷正當 著 法蔵館
2010.10
いのちに関する5つのレクチャー 仁愛大学宗教教育研究センター 編 ; 宮城シズカ, 長谷正當, 石田慶和, 田代俊孝, 蓑輪秀邦 著 法蔵館
2007.3
京都哲学撰書 上田閑照 監修 ; 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介 編 燈影舎
2006.11
心に映る無限 : 空のイマージュ化 長谷正當 著 法蔵館
2005.9
京都哲学撰書 大峯顯 監修 ; 長谷正當 [ほか]編 燈影舎
2003.2
京都哲学撰書 大峯顯 監修 ; 長谷正當 [ほか]編 燈影舎
2003.2
京都哲学撰書 大峯顯 監修 ; 長谷正當 [ほか]編 燈影舎
2003.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想