堀江 忠男   (1913-2003)

堀江 忠男(ほりえ ただお、1913年9月13日 - 2003年3月29日)は、静岡県出身のサッカー選手、サッカー指導者、経済学者。 現役時代のポジションはポジションはフルバック(現在のディフェンダー)。 [来歴] 静岡県立浜松第一中学校(現:静岡県立浜松北高等学校)時代にサッカーを始め、早稲田高等学院を経て早稲田大学に進学。 在学中はア式蹴球部に所属した。 在学中より日本代表に選出され、1934年極東選手権、1936年ベルリンオリンピックに出場。 ベルリンオリンピックでは1回戦のスウェーデン代表戦に右FB(フルバック)で出場。 前半15分、堀江は右腕を骨折するアクシデントに見舞われた。 当...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホリエ タダオ
人物別名 堀江忠男
生年 1913年
没年 2003年
職業・経歴等 サッカー選手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
堀江忠男遺稿・追悼集 堀江同窓会 編 堀江忠男遺稿・追悼集刊行会
2004.3
開発の新しい政治経済学 : 統合理論とアジアの経験 K.ドップァー 著 ; 堀江忠男 監訳 新評論
1990.12
One free world : ある経済学者の昭和史 堀江忠男 著 新評論
1989.7
現代を思索する 堀江忠男 著 早稲田大学出版部
1987.10
ユダヤ人マルクス M.ウルフソン [著] ; 堀江忠男 監訳 新評論
1987.12
21世紀への展望 : われわれはいかなる寄与をなしうるか 堀江忠男 ほか編 学陽書房
1985.4
現代を思索する 堀江忠男 著 早稲田大学出版部
1984.3
価値転換期の政治経済学 堀江忠男 編 新評論
1984.3
診断・世界経済と日本の展望 : 長期不況から回復へ 堀江忠男 著 新評論
1983.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想