岡 芳明   (1946-)

岡 芳明(おか よしあき、1946年(昭和21年) - )は日本の原子力工学を専門とする工学博士である。 研究者の育成、原子力エネルギー利用促進の広報活動も担った 。 通産省原子力発電技術顧問、内閣府原子力安全技術顧問を多年にわたり務め、理事、国際原子力学会協会理事、日本原子力学会会長を歴任した。 東京大学名誉教授。 内閣府原子力委員会委員長。 1969年(昭和44年)、東京大学工学部原子力工学科を卒業、1974年(昭和49年)に東京大学工学系大学院研究科博士課程を修了した。 同校において原子力工学の研究および教育に長らく従事した。 高速中性子の遮断ならびに放射線輸送、医療用原子炉、核分裂と核...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカ ヨシアキ
人物別名 岡芳明

Oka, Yoshiaki

오카, 요시아키
生年 1946年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
災害に強い社会をつくるために : 科学者の役割・大学の使命 鎌田薫 編 ; 浦野正樹, 岡芳明, 鈴村興太郎, 濱田政則 著 早稲田大学出版部
2012.9
原子炉設計 岡芳明 編著 オーム社
2010.7
原子炉動特性とプラント制御 岡芳明, 鈴木勝男 編著 オーム社
2008.3
貫流型超臨界圧軽水冷却原子炉の概念 : 日本原子力学会原子力発電部会第一回夏期セミナーテキスト 岡芳明, 越塚誠一 著 日本原子力学会
2001
貫流型超臨界圧軽水冷却原子炉の概念 岡芳明, 越塚誠一[著] 東京大学工学系研究科附属原子力工学研究施設
[2001.7]
原子工学概論 都甲泰正, 岡芳明共著 NetLibrary
20??
超臨界圧軽水冷却炉 岡芳明[ほか著] 東京大学工学部附属原子力工学研究施設
1994.3
超臨界圧軽水炉の概念 岡芳明, 越塚誠一 著 東京大学工学部附属原子力工学研究施設
1991.5
高速炉炉体まわり遮蔽効果評価実験 - 東京大学工学部附属原子力工学研究施設
1989.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想