堀 敏一   (1924-2007)

堀 敏一(ほり としかず、1924年 - 2007年5月29日)は日本の東洋史学者。 明治大学名誉教授、東洋文庫研究員。 『世界史の基本法則』の唐代担当、『均田制の研究』など西嶋定生と共に東京学派を代表する研究者として活躍し、退任後は『漢の劉邦-ものがたり漢帝国成立史』など一般向けの著書を多く出した。 [経歴] 1924年、静岡県に生まれる。 1941年東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校卒業。 1948年、東京大学文学部東洋史学科卒業。 1949年、東京大学東洋文化研究所助手。 1958年、財団法人東洋文庫研究員。 1960年、明治大学文学部専任講師。 1995年、明治大学文学部教授を定...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホリ トシカズ
人物別名 堀敏一
生年 1924年
没年 2007年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東アジア世界の歴史 堀敏一 著 講談社
2008.9
東アジア世界の形成 : 中国と周辺国家 堀敏一 著 汲古書院
2006.2
漢の劉邦 : ものがたり漢帝国成立史 堀敏一 著 研文
2004.4
唐末五代変革期の政治と経済 堀敏一 著 汲古書院
2002.7
曹操 : 三国志の真の主人公 堀敏一 著 刀水書房
2001.10
中国通史 : 問題史としてみる 堀敏一 著 講談社
2000.6
東アジアのなかの古代日本 堀敏一 著 研文
1998.9
中国古代の身分制 堀敏一 著 汲古書院
1997.1
中世史講座 木村尚三郎 ほか編 学生社
1996.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想