長与 専斎   (1838-1902)

長崎生まれ。医師・衛生行政家。父は肥前大村藩医。安政元年(1854)大坂の適塾に入門し、のち塾頭となる。万延元年(1860)長崎に赴き、ポンペについて蘭医学を学んだ。明治4年(1871)上京し、文部少丞となり岩倉遣欧使節団に随行して渡欧、西欧の医学教育を視察、調査。6年(1873)に帰国後、文部省医務局長。8年(1875)内務省衛生局の初代局長となる。司薬場の建設、医制の制定、防疫・検疫制度の導入など、わが国衛生行政の基礎を築いた。元老院議官、貴族院議員などを歴任。回想録『松香私志』(1902)がある。

「近代日本人の肖像」より

長與 專齋(ながよせんさい、天保9年8月28日(1838年10月16日) - 明治35年(1902年)9月8日)は日本の医師、医学者、官僚。 号は松香。 姓は藤原、名は秉継。 [略歴] 肥前国大村藩(現在の長崎県大村市)に代々仕える漢方医の家系に生まれる。 大村藩の藩校である五教館(長崎県立大村高等学校の前身)で学んだ後、安政元年(1854年)、大坂にて緒方洪庵の適塾に入門し、やがて塾頭となる(福澤諭吉の後任)。 のち大村藩の侍医となった。 文久元年(1861年)、長崎に赴き、医学伝習所にて、オランダ人医師ポンペのもとで西洋医学を修める。 その後、ポンペの後任マンスフェルトに師事し、医学教育...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガヨ センサイ
人物別名 長与専斎

長與, 専斎
生年 1838年
没年 1902年
職業・経歴等 医師・薬剤師等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
松本順自伝・長与専斎自伝 松本順自伝, 長与専斎[著] ; 小川鼎三, 酒井シヅ校注 平凡社
2008.9
松香私志 長與専齋著 ; 長與稱吉編 東京大学医学部衛生学教室
1985.11
松本順自伝・長与専斎自伝 小川鼎三, 酒井シヅ 校注 平凡社
1980.9
松香私志 長與專斎著 ; 山崎佐校訂解説 医歯薬
1958.10
松香遺稿 長與専斎 著 ; 長與又郎 編 長與又郎
1934.9
松香私志 長與専齊著 長與又郎
1930
松香私志 : 完 長與専斎遺著 長與又郎
1924.10
松香私志 : 完 長與専齋遺著 長與衛生文庫
[1907.6]
松香私志 長与専斎 著 長与称吉
明35.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想