村松 友視   (1940-)

村松 友視(むらまつ ともみ、1940年4月10日 - )は、日本の、元編集者、作家、エッセイスト(本来の表記は村松友視。 「視」の字は「示」の右に「見」)。 [来歴・人物] 東京府で生まれ、4歳から静岡県富士宮市、周智郡森町で、終戦後は清水市(現・静岡市清水区)で育つ。 祖父は作家の村松梢風。 父村松友吾は中央公論社の編集者。 母も中央公論社に勤務。 父方のおじに教育評論家の村松喬、脚本家の村松道平、中国文学者の村松暎(慶應義塾大学文学部教授)がいる。 父の死後、祖父梢風の子として入籍される。 だが、梢風は鎌倉で愛人と暮らしており、村松は清水で祖母一人に育てられる。 少年時代から熱狂的なプ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラマツ トモミ
人物別名 村松友視
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
北の富士流 村松友視著 文芸春秋
2019.6
アリと猪木のものがたり 村松友視 著 河出書房新社
2017.11
大人の極意 村松友視 著 河出書房新社
2016.7
北の富士流 村松友視 著 文芸春秋
2016.7
金沢の不思議 村松友視 著 中央公論新社
2016.10
金沢の不思議 村松友視 著 中央公論新社
2015.2
銀座の喫茶店ものがたり 村松友視 著 文芸春秋
2015.3
野良猫ケンさん 村松友視 著 河出書房新社
2015.5
老人の極意 村松友視 著 河出書房新社
2015.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想