子安 増生   (1950-)

子安 増生(こやす ますお、1950年 - )は日本の教育心理学者。 京都大学大学院教育学研究科教授。 研究テーマは主に「心の理論」など。 [来歴] 高槻高等学校を経て1973年京都大学教育学部卒業。 1977年に京都大学大学院教育学研究科博士課程を中退。 同年から1988年まで愛知教育大学助手・助教授を務めた後、京都大学教育学部助教授に就任。 1998年より現職。 [主な著書] 『生涯発達心理学のすすめ――人生の四季を考える』(有斐閣、1996年) 『子どもが心を理解するとき』(金子書房、1997年) 『幼児期の他者理解の発達 ―― 心のモジュール説による心理学的検討』(京都大学学術出版...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヤス マスオ
人物別名 子安増生
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
精神疾患とその治療 : 公認心理師のための精神医学 村井俊哉, 野間俊一編集 金芳堂
2020.2
公認心理師のための基礎心理学 : 出題基準対応 子安増生著 金芳堂
2019.6
公認心理師エッセンシャルズ 子安 増生;丹野 義彦【編】 有斐閣
2018.2.28
教職教養講座 高見茂, 田中耕治, 矢野智司, 稲垣恭子 監修 協同
2017.12
「心の理論」から学ぶ発達の基礎 子安増生 編著 ミネルヴァ書房
2016.3
心の理論 子安増生, 郷式徹 編 新曜社
2016.3
教育認知心理学の展望 子安増生, 楠見孝, 齊藤智, 野村理朗 編 ナカニシヤ
2016.3
心理学 子安増生 編著 勁草書房
2016.4
よくわかる認知発達とその支援 子安増生 編 ミネルヴァ書房
2016.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想