伊藤 寿朗   (1947-1991)

伊藤 寿朗(いとう としろう、1947年(昭和22年) - 1991年(平成3年)3月29日)は、日本の学者。 専門は博物館学。 東京学芸大学助教授。 [略歴] 1947年(昭和22年)、神奈川県横浜市に生まれる。 1970年(昭和45年)に法政大学社会学部社会学科を卒業する。 野間教育研究所兼任所員を経て、1989年(平成1年)に東京学芸大学助教授に就任する。 1991年(平成3年)3月29日、胃がんにより死去、44歳。 [人物] 博物館を市民交流の場にしようと博物館問題研究会を結成する。 博物館の変革を唱えた先駆者であり、死の直前まで口述筆記させて原稿を書き続けた。 [著書] 『ひら...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イトウ トシロウ
人物別名 伊藤寿朗
生年 1947年
没年 1991年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
博物館基本文献集 第1期 伊藤 寿朗【監修】 大空社
2006.7.19
博物館学総論 ; 各巻解説他 鶴田総一郎著 大空社
2006.12
市民のなかの博物館 伊藤寿朗 著 吉川弘文館
1993.4
ひらけ、博物館 伊藤寿朗 著 岩波書店
1991.3
博物館基本文献集 濱田青陵著 大空社
1990.11
博物館基本文献集 棚橋源太郎著 大空社
1990.11
博物館基本文献集 藤山一雄著 大空社
1990.11
博物館基本文献集 [棚橋源太郎著] 大空社
1990.11
博物館基本文献集 後藤守一著 大空社
1990.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想