本多 熊太郎   (1874-1948)

本多 熊太郎(ほんだ くまたろう 明治7年(1874年)12月8日 - 昭和23年(1948年)12月18日)は、明治・大正・昭和の外交官、太平洋戦争時の中華民国大使、東條内閣の外交顧問。 戦後はA級戦犯として逮捕された。 [来歴・人物] 東京法学院(中央大学)法科在学中の明治27年(1894年)5月に外務省留学生試験合格、翌年の明治28年(1895年)8月に外務省書記生試験に合格し、外務省入省。 明治34年(1901年)、小村寿太郎外相の秘書官となり、日露戦争のポーツマス講和会議に随行。 後藤新平の満鉄総裁当時、北京公使館の二等書記官となった。 大正7年(1918年)、スイス公使、大正13...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホンダ クマタロウ
人物別名 本多熊太郎
生年 1874年
没年 1948年
職業・経歴等 在中華民国大使

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
支那事変から大東亜戦争へ 本多熊太郎 著 千倉書房
昭和17
魂の外交 : 日露戦争に於ける小村侯 本多熊太郎 著 千倉書房
1942 30版
支那事変から大東亜戦争へ 本多熊太郎 著 千倉書房
1942
魂の外交 本多熊太郎 著 千倉書房
昭和16
世界新秩序と日本 本多熊太郎 講述 東亜聯盟
昭和15
欧洲情勢と支那事変 本多熊太郎 著 千倉書房
昭14
人物と問題 本多熊太郎 著 千倉書房
1939
人物と問題 本多熊太郎 著 千倉書房
昭14
先人を語る 本多熊太郎 著 千倉書房
1939
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
軍縮外交批判 本多 熊太郎
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想