本位田 祥男   (1892-1978)

本位田 祥男(ほんいでん よしお、1892年(明治25年)3月8日 - 1978年(昭和53年)11月17日)は、日本の経済学者。 西洋経済史専攻。 協同組合論にも多大な貢献をもたらした。 岡山県出身。 [来歴・人物] 農商務省勤務を経て、東京帝国大学経済学部教授。 1920年代後半にヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』をテーマとする論文を著し、日本におけるヴェーバー社会学の初期の紹介者の一人となり、弟子である大塚久雄らに影響を与えた。 大内兵衛によると、美濃部亮吉より後の東京帝大経済学部助手は、本位田、土方成美、河合栄治郎の3教授のいずれかのゼミナール出身者からしか選ば...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホインデン ヨシオ
人物別名 本位田祥男
生年 1892年
没年 1978年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
農業生産の協同組織 本位田祥男 編著 農政研究センター
1979.1
本位田祥男先生遺稿集 本位田祥男先生遺稿集刊行会 編 人間の科学社
1979.11
本位田祥男先生遺稿集 本位田祥男先生遺稿集刊行会 編 人間の科学社
1979.11
西欧協同組合の歴史散歩 本位田祥男 編 家の光協会
1976
社会主義国ポーランドの協同組合 本位田祥男 著 家の光協会
1975
労働者組合金融論 本位田祥男 著 日本評論社
1974
生活協同組合論 本位田祥男 著 日本評論社
1973
協同組合の名著 - 家の光協会
1970
協同組合教育 本位田祥男 著 家の光協会
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想