萩原 遼   (1937-2017)

萩原 遼(はぎわら りょう、1937年(昭和12年) - )は、日本のフリーランスジャーナリスト。 北朝鮮報道で知られる。 また、渋谷 仙太郎のペンネームで金芝河の詩を翻訳したり、井出 愚樹(いで ぐじゅ)の名義での韓国情勢や文学に関する著訳書もある。 日本共産党の永年党員(党員歴30年以上)であったが、除籍された。 本人は「不当な除籍であり、取り消しをもとめていく」としている。 [略歴] 高知県生まれ。 立命館大学元教授の木津川計は実兄。 17歳の時に経済的理由から地元の高校を中退して上阪、住み込みの牛乳配達などをして働き、1年後に大阪府立天王寺高等学校定時制に編入。 その時に同級生となっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハギワラ リョウ
人物別名 萩原遼

坂本, 孝夫
生年 1937年
没年 2017年
職業・経歴等 ジャーナリスト
をも見よ 井出, 愚樹(1937-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
告発 パンジ 著 ; 萩原遼 訳 かざひの文庫
太陽出版
2016.6
北朝鮮金 (キム) 王朝の真実 萩原遼 [著] 祥伝社
2012.3
朝鮮学校「歴史教科書」を読む 萩原遼, 井沢元彦 [著] 祥伝社
2011.11
金正日隠された戦争 萩原遼 著 文芸春秋
2006.11
戦死者たちからのメッセージ 鉄の造形:武田美通 ; 写真:小松健一 ; 文:萩原遼 ぶどうぱん社
2005.10
金正日隠された戦争 萩原遼 著 文芸春秋
2004.11
北朝鮮・狂気の正体 深田祐介, 萩原遼 著 扶桑社
2003.1
北朝鮮はるかなり 成[ヘ]琅 著 ; 萩原遼 訳 文芸春秋
2003.2
拉致と核と餓死の国北朝鮮 萩原遼 著 文芸春秋
2003.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想