広津 柳浪   (1861-1928)

長崎の医者の家に生れる。尾崎紅葉らが結成した硯友社に、遅れて同人として加わる。下層社会の悲惨事を描き、深刻小説・悲惨小説と称される独自の作風を確立した。作家・評論家の広津和郎の父。(土屋隆)Wikipedia「広津柳浪

「青空文庫」より

広津 柳浪(ひろつ りゅうろう、1861年7月15日(文久元年6月8日) - 1928年(昭和3年)10月15日)は、日本の小説家。 肥前国生まれ、本名直人、別号に蒼々園。 硯友社同人となり、「残菊」で認められる。 「変目伝」「今戸心中」「黒蜥蜴」などの低階級社会の暗部を描いた作品で、悲惨小説、深刻小説と称された。 小説家の広津和郎は子。 [生涯] 肥前国長崎材木町に、「富津南嶺」と名乗って開業していた久留米藩士・医師広津俊蔵(のち弘信に改名、外交官となる)、りう(柳子)の次男として生れた。 幼名は金次郎。 少年時より漢籍を学び、軍記物、読本などに熱中した。 9歳の時に、狼藉を犯して父から切...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロツ リュウロウ
人物別名 広津柳浪

廣津, 柳浪

蒼々園

広津, 直人
生年 1861年
没年 1928年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治深刻悲惨小説集 講談社文芸文庫 編 ; 齋藤秀昭 選 講談社
2016.6
一人娘 広津柳浪 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
自暴自棄 広津柳浪 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
自暴自棄 広津柳浪 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
女子参政蜃中楼 広津柳浪 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
廣津柳浪集 廣津和郎編 筑摩書房
2013.1.25
小山清, 藤原審爾, 広津柳浪 著 ポプラ社
2010.10
小説青燈集 新詩社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
五調子 尾崎紅葉 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想