広津 雲仙   (1910-1989)

廣津 雲仙(ひろつ うんせん、1910年(明治43年)10月1日 - 1989年(平成元年)9月19日)は、昭和期に活躍し、日展内閣総理大臣賞や日本芸術院賞を受賞した、日本を代表する書家。 日展の要職を歴任し常務理事を務めたほか、日本書芸院の設立、読売書法会の創立に尽力した。 また、書道雑誌『墨滴』を刊行すると同時に、墨滴会を主宰し、後進の育成に力を注いだ。 長崎県北高来郡高来町出身(現、諫早市高来町)で、本名は廣津 四郎(ひろつ しろう)。 雅号の「雲仙」は、長崎県の雲仙岳に由来する。 [略歴] 1910年 - 長崎県北高来郡高来町に生まれる。 1935年 - 書を辻本史邑に師事。 漢籍を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロツ ウンセン
人物別名 広津雲仙
生年 1910年
没年 1989年
職業・経歴等 能書家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
書道技法講座 広津 雲仙【編】 二玄社
2009.3
廣津雲仙遺墨集 - 墨滴会
1990.7
書道技法講座 廣津雲仙編 二玄社
1987.12
墨滴会全国展 [墨滴会編] 墨滴会
1984.7-
張瑞図の書法 張瑞図 書 ; 広津雲仙 編 二玄社
1981.2
張瑞図の書法 張瑞図 書 ; 広津雲仙 編 二玄社
1981.7
擬山園帖 広津雲仙, 林田芳園共編|ギサンエン チョウ 八紘社
1981.9
張瑞図の書法 張瑞図 書 ; 広津雲仙 編 二玄社
1980.12
広津雲仙書法 - 小学館
尚学図書
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想