広津 和郎   (1891-1968)

広津 和郎(廣津 和郎、ひろつ かずお、1891年(明治24年)12月5日 - 1968年(昭和43年)9月21日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家である。 明治期に活動した硯友社の小説家・広津柳浪の子。 [年譜] 1891年(明治24年) 広津柳浪と須美の次男として、東京牛込矢来町で生まれた。 2歳年長の兄・俊夫がいた。 1898年(明治31年) 7歳 東京市立赤城小学校に入学した。 母・須美が結核で病死した。 享年27。 この頃、中村吉蔵が寄寓し、永井荷風が父・広津柳浪に弟子入りした。 1900年(明治33年)9歳 東京牛込弁天町に転居、以後頻繁に東京市内を移転した。 1902年(明...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロツ カズオ
人物別名 広津和郎

廣津, 和郎
生年 1891年
没年 1968年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
冒険の森へ 西村 寿行;椋 鳩十;戸川 幸夫;宮沢 賢治;井上 ひさし;新田 次郎;豊田 有恒;宇能 鴻一郎;星 新一【著】 集英社
2016.5
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.10
廣津柳浪集 廣津和郎編 筑摩書房
2013.1.25
松川裁判 廣津和郎 著 星雲社
木鶏社
2007.10
名文で巡る国宝の観世音菩薩 白洲正子, 和辻哲郎, 広津和郎, 岡倉天心, 亀井勝一郎, 上村松篁, 榊莫山, 矢内原伊作, 堀辰雄, 高村光太郎, 竹山道雄, 保田與重郎, 円地文子, 東山魁夷, 山口誓子, 井上靖, 西村公朝, 岡部伊都子, 司馬遼太郎, 陳舜臣 著 青草書房
2007.7
証言としての文学 原民喜 ほか著 学芸書林
2004.4
若き日 広津和郎 作広津和郎 作 岩波書店
1951.12(第9刷:2003.2)
編年体大正文学全集 広津和郎 他著 ; 藤井淑禎 編 ゆまに書房
2001.3
続年月のあしおと 広津和郎 著 講談社
1999.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想