平山 諦   (1904-1998)

平山諦(ひらやま あきら、1904年‐1998年6月22日)は、和算史研究家。 千葉県生まれ。 1930年東北帝国大学数学科卒業。 50年「和算に関する研究」で東北大学理学博士。 林鶴一、藤原松三郎に師事。 中学校教師をへて、41年東北帝大講師。 68年東北大学理学部講師のまま定年退任。 息子は天文学者の平山智啓(東京天文台)。 [著書] 『方陣の話』中教出版、1954年 数学教育叢書 『円周率の歴史』中教出版、1955年 数学教育叢書 『東西数学物語』恒星社厚生閣、1956年 『関孝和 250年祭記念』恒星社厚生閣、1959年 『和算の歴史 その本質と発展』至文堂、1961年 日本歴史...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラヤマ アキラ
人物別名 平山諦
生年 1904年
没年 1998年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
学術を中心とした和算史上の人々 平山諦 著 筑摩書房
2008.4
和算の歴史 : その本質と発展 平山諦 著 筑摩書房
2007.7
資料 林鶴一数学教育関係蔵書目録 研究代表者 板垣芳雄 宮城教育大学
板垣芳雄
2001.3
和算の誕生 平山諦 著 恒星社厚生閣
1993.5
松永良弼 平山諦, 内藤淳編集 松永良弼刊行会
1987.2
文化史上より見たる日本の数学 三上義夫 著 ; 平山諦 ほか編 恒星社厚生閣
1984.6
方陣の研究 平山諦, 阿部楽方 著 大阪教育図書
1983.8
会田算左衛門安明 平山諦, 松岡元久 編 松岡元久
1982.5
増修日本数学史 遠藤利貞 遺著 ; 三上義夫 編 ; 平山諦 補訂 恒星社厚生閣
1981.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想