平岡 敬   (1927-)

平岡 敬(ひらおか たかし、1927年12月21日 - )は、大阪府出身の第31・32代広島市市長。 [概略] 大阪市住吉区に生まれ、ソウルと広島市で育つ。 旧制広島高等学校を経て早稲田大学第一文学部卒業後、中国新聞社へ入社。 常務取締役編集局長、中国放送代表取締役社長などを歴任した後、1991年2月3日に行われた広島市長選挙で保守分裂による候補者乱立のなかから初当選。 1995年には再選を果たし、1999年までの2期8年にわたり在職した。 在任中の1994年には広島アジア大会が開催され、また原爆ドームの世界遺産登録に力を注いだ。 被爆地としての平和行政としては海外での原爆展開催に尽力し、国...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラオカ タカシ
人物別名 平岡敬
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 広島市長

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
時代と記憶 : メディア・朝鮮・ヒロシマ 平岡敬 著 影書房
2011.6
希望のヒロシマ : 市長はうったえる 平岡敬 著 岩波書店
1996.7
無援の海峡 : ヒロシマの声、被爆朝鮮人の声 平岡敬 著 影書房
1983.12
広島朝鮮史セミナー・講演録 - 広島朝鮮史セミナー事務局
1978.5
偏見と差別 : ヒロシマそして被爆朝鮮人 平岡敬 著 未来社
1972
国際司法裁判所における広島市長の陳述 平岡敬 [著] 広島市市民局平和推進室
1995.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
32年目の被爆朝鮮人 平岡 敬
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想