平野 零児   (1897-1961)

Wikipedia「平野零児

「青空文庫」より

平野 零児(ひらの れいじ 1897年(明治30年)2月6日- 1961年(昭和36年)8月26日)は兵庫県出身の作家、戦前、戦後に活躍した。 [来歴] 旧篠山藩士内山駒次郎の六男として、兵庫県多紀郡丹南町北野新田(現在の篠山市)で生誕。 その後平野力三郎の養子になり平野姓になった。 本名は平野嶺夫である。 東京英語学校在学中に作家を志し、馬場孤蝶の弟子になった。 1918年に東京日日新聞(現在の毎日新聞社)に入社、その後、中央公論社(現在の中央公論新社)と文藝春秋社の特派員として中国に渡った。 このころから作家として活動し始めた。 当時の作品は中国大陸を舞台とした軍事小説が多かった。 後に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラノ レイジ
人物別名 平野零児

平野, 零二

平野, 嶺夫
生年 1897年
没年 1961年
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
南方徴用作家叢書 木村一信, 竹松良明 編 竜渓書舎
2010.2
平野零児 ; 座談会・対談 平野零児ほか著 ; 木村一信, 竹松良明編・解題 竜渓書舎
2010.2
滿洲民俗考 - 景仁文化社
1997.5
らいちゃん : 平野零児随想集 平野零児 著 ; 平野零児を本にする会 編 平野零児遺稿刊行会
1962.11
満州の陰謀者 : 河本大作の運命的な足あと 平野零児 著 自由国民社
1959
中共虜囚記 平野零児 著 毎日新聞社
1957
人間改造 : 私は中国の戦犯であった 平野零児 著 三一書房
1956
マンゴウの雨 平野零児 著 天佑書房
昭和19
近代戦の正体 平野零児 著 六人社
昭和12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想