平出 禾   (1906-1980)

平出禾(ひらいで ひいず、1906年-1980年)は、元検事、翻訳家。 弁護士・作家の平出修の長男として東京に生まれる。 少年時代に父を亡くし、1930年東京帝国大学法学部卒業、検事となる。 最高検察庁公判部長を最後に66年定年退官、専修大学法学部教授、77年定年退任。 E・S・ガードナーの法廷もの小説の翻訳もある。 [著書] プロレタリア文化運動に就ての研究 司法省調査部編刊司法研究報告書、1940 のち柏書房復刻 1965 戦時下の言論統制 言論統制法規の綜合的研究 中川書房 1942 立案者による司法警察職務規範解説 警友書房 1949.6 控訴審における事実の取調 法務府検務...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒライデ ヒイズ
人物別名 平出禾
生年 1906年
没年 1980年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
言論統制文献資料集成 [平出禾著] 日本図書センター
1992.2
検事出廷す E.S.ガードナー 著 ; 平出禾 訳 早川書房
1980.8
法の周辺 平出禾 著 ぎょうせい
1978.6
検事他殺を主張する E.S.ガードナー 著 ; 平出禾 訳 早川書房
1978.10
資料昭和プロレタリア文化運動史 平出禾 著 武蔵野学問の力舎
1975
刑法各論 平出禾 著 酒井書店
1974
刑事政策 平出禾, 前田俊郎 共著 酒井書店
1974
刑法総論 平出禾 著 酒井書店
1973
刑事訴訟法研究 平出禾 著 酒井書店
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想