高田 康成   (1950-)

高田 康成(たかだ やすなり、1950年1月14日 - )は、日本の英文学者。 東京大学教授。 専攻は中世英文学、表象古典文化論(古典ラテン文学)。 東京生まれ。 [略歴] 東京都立航空工業高等専門学校中退 1972年 国際基督教大学卒業 1976年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。 大阪大学言語文化部助手 1978年 - 1980年 ケンブリッジ大学留学 1984年 東北大学文学部助教授 1989年 東京大学教養学部助教授 1994年 東京大学大学院総合文化研究科教授 [著書] 「キケロ ヨーロッパの知的伝統」(岩波新書、1999) 「クリティカル・モーメント 批評の根源と臨界...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカダ ヤスナリ
人物別名 高田康成

Takada, Yasunari

Yasunari Takada
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
インティマシーあるいはインテグリティー トマス・カスリス [著] ; 衣笠正晃 訳 法政大学出版局
2016.7
キケロ アントニー・エヴァリット 著 ; 髙田康成 訳 白水社
2015.5
エラスムス=トマス・モア往復書簡 エラスムス, トマス・モア [著] ; 沓掛良彦, 高田康成 訳 岩波書店
2015.6
師弟のまじわり ジョージ・スタイナー 著 ; 高田康成 訳 岩波書店
2011.10
クリティカル・モーメント : 批評の根源と臨界の認識 高田康成 著 名古屋大学出版会
2010.2
日本語教育のグローバル・スタンダードの構築に向けて 研究代表者 近藤安月子 近藤安月子
2008.4
キケロ : もうひとつのローマ史 アントニー・エヴァリット 著 ; 高田康成 訳 白水社
2006.12
国際戦略としての教授用語の英語化 : 短期留学プログラムの多国間比較研究 研究代表者 恒吉僚子 恒吉僚子
2006
21世紀の大学英語 : 文部科学省委託研究「英語教育に関する研究」第4研究グループ (大学における英語教育) 最終報告書 研究代表者 高田康成 者不明
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想