平林 たい子   (1905-1972)

平林 たい子(ひらばやし たいこ、1905年(明治38年)10月3日 - 1972年(昭和47年)2月17日)は、日本の小説家。 本名、平林タイ。 [生涯] 現在の長野県諏訪市(旧諏訪郡中洲村)出身。 貧しい農家に生まれ、12歳の頃にロシア文学を読んだことがきっかけで作家になることを決心し、上諏訪町立諏訪高等女学校(現在の長野県諏訪二葉高等学校)に首席で入学。 高女時代に社会主義に関心を持ち始め、同校卒業後に上京して交換手見習いとして働き始め、アナーキスト山本虎三と同棲。 山本の姉を頼って朝鮮に渡るが、1ヶ月で帰国。 関東大震災直後のどさくさの中で検挙され、東京から離れることを条件に釈放され...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラバヤシ タイコ
人物別名 平林たい子

平林, タイ
生年 1905年
没年 1972年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
芝木好子, 西條八十, 平林たい子 著 ポプラ社
2010.10
平林たい子毒婦小説集 平林たい子 著 講談社
2006.6
ただならぬ午睡 : 恋愛小説アンソロジー 江國香織 選 ; 日本ペンクラブ 編 光文社
2004.5
林芙美子 宮本百合子 平林たい子 著平林たい子 著 講談社
2003.10
最初の衝撃 大杉栄 ほか著 学芸書林
2002.9
悲しき愛情 平林たい子著 郷土出版社
2000.7
平林たい子・林芙美子 平林たい子, 林芙美子 著 角川書店
1999.4
作家の自伝 佐伯彰一, 松本健一 監修 日本図書センター
1999.4
耕地 平林たい子 著 ; 関井光男 監修 ゆまに書房
1998.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想